気まぐれ不定期日記やら なんやら


by ene-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:エネの美食倶楽部(仮題)( 14 )

それは 今年の晩夏だった・・・ リア友と久々に遊んだ帰りに お腹が空いたので
何か 晩御飯を食べに行こう ってことになったのだ。
まぁ 経済的には恵まれている社会人なので 食事代に気を使うことは ほとんど無いのだw
その日 その時の気分で あれが食べたいとか これが食べたいとか決めて行っちゃうのだ。

で、その日は 時刻も23時を回っており 食事をする選択肢が制限されている訳だが
(つまり 既にほとんどの お店が閉店しちゃってる時間なのだ)
単純に考えられるのが 中華、焼肉、ラーメン、居酒屋などだが 2人とも車なので
お酒はNG。 中華も頻繁に利用しているので 飽きがきている・・・
などなど 考えているうちに 消去法で次から次へと選択肢が消えて行き 
残ったのが その日はラーメンになったのだ。

せっかくなので おいしいラーメンを食べたいのだが ラーメンで美味しいと 思うお店は
ほとんど自分的には無いのだ。 行列ができるような ネームバリューがある有名店とか
食べたことあるんだけど 正直言って 『はぁ~ん?』 って思うような 味なのだ。
つまり こんな程度で行列ができるのか・・・って思ってしまう。
ヒドイ場合には 『美味しんぼ』に登場する 海原雄山(美食家であり芸術家って設定のキャラ)
のように 『この店は こんな物を客に食わせるのか! 帰るぞ中川』 って言ってやりたいw
オイラは外食産業には 厳しいですよw

とは言え その日は昼から 何も食べていなかったので およそどんなモノでも
きっと美味しく感じるだろうな って思ってたのさ。
で、めぼしい お店も無かったので リア友の実家の近くにある 『天々ラーメン』って言う
ラーメン屋さんに 入ることに・・・

屋台が そのまま店になったんじゃないのか?って言うくらいの店構え。
築年数30年は絶対超えてるなって思わせるような木造平屋建ての お店だ。
お世辞にも 素敵な店とは言えない感じでした。 女性同伴では絶対行かないような店w

店内にはカウンター席と 座敷がある。手っ取り早く 空腹を満たしたいってこともあって
そんな時は 決まってカウンター席に着いてしまうw どっちだって同じなのにねwww
だってさ、 スグにラーメンが出てきそうな感じしない? ぁ、しないですか (´;ω;`)ウッ・・・

で、カウンターの中には店主らしき お爺さんが1人。他の客は 中年の男女が
カウンター席の 端に1組。 まぁ こんな時間だし 客なんてあんまり居ないものだろうと
思い、 気に止めなかった。
気になるのは どんなラーメンがメニューにあるかだった。

5、6種類ある ラーメンのメニューの中から 気になる『天々ラーメン』をチョイス
あれだ、店名をつけるくらいだから お得なラーメンなのか もしくは これが売りなんだろう。
そう勝手に判断し、どのようなラーメンなのかさえ 店主に聞かずに注文した。
それとは別に チャーハンも注文。 定番だな うん。 いわゆる チャーラーってヤツさ。
リア友が注文したのは ミソラーメンと チャーハン。 無難だw

で、先に出てきたのは チャーハンのほう。 まずくないw って表現が妥当かwww
美味しくもない 至って普通な感じなのだ。
ラーメン屋と言っても 飲み屋のような感じになっちゃってて 他には おでんとかある。
カウンター端の 中年の男女は もっぱら飲みに来てる感じだった。

チャーハンを食べつつ カウンター内で調理する爺さん(店主)の動きを なにげに観察。
すると 山芋を擦ってるようだ・・・とろろか 
きっと あの中年の男女達が 飲む肴に頼んだんだろう。
オイラなら 間違ってもとろろなど わざわざ注文しないがねw
そう、オイラは ぬめり系の食べ物が苦手なのだ。 食べれなくは無い 苦手なのだ。
とろろに始まり おくら もずく 納豆など とにかく ヌメヌメしてるのは苦手 (゚ー゚;Aアセアセ
一生懸命に擦ってる爺さんを眺めてて 大変だなぁ 結構擦るのってしんどいよな。
などと ひとり思いながらチャーハンを食べてた。
ぁー ラーメン早く出てこないと チャーハン食べ尽くしちゃうじゃんなーって思いながら
やっぱり爺さんの動きを眺めてた。 すると、
















Σ(ノ゜□゜;)ノ ええっ!


ちょwww



何がどうなってるのか理解できない その状況に愕然となると同時に 恐怖を感じた
ようやく出てくるな って思ってたラーメン。
何と そのラーメンの上に具として とろろを投入しやがった!!!!
l||li _| ̄|○ il||li もしや・・・



その不安は的中。
  
[PR]
by ene-do | 2005-11-07 05:05 | エネの美食倶楽部(仮題)

妙な約束

久しぶりの更新になります。
予想以上にリアルが多忙の為 体調管理もままならず ぐったりしている エネです(゚ー゚;Aアセ

生活環境が 昼夜逆転してたり 仕事とは別でプライベートでも忙しかったりですが
時間を見つけては 更新しようとは思っているんですよw
そんなことなら こんな時間にブログ更新してんじゃねぇよ とかのツッコミは不要ですw

それにしても 最近めっきりと気温が下がって 肌寒い感じしますね。
みなさんは体調 崩されたりしてませんか? 気をつけましょうね d(゚-^〃) 

さて、今日の報告としましては 前回ブログに掲載した 100円カレーの お店の話しです。
実は 前回お店に行った時に オーナー(前回の掲載では 店員と書いてありましたが) と
ある約束をしていたのですよw

その ある約束とは・・・
エネが お店のメニューを眺めていて 気になったことをオーナーに 話したんです。
みなさんも 前回の内容を見て 知ってると思いますが
表の 『 100円 カレー 』って看板も手書きなのもそうなんですが
店の メニューも すべてオーナーの手書きなんです。 しかも かなりの達筆w
まぁ良く言えば 温かみがあって良い雰囲気だとでも 言ってしまえば聞こえはいいのですが、
何せ すべて写真が無いので 特に手作りケーキなどは 特徴など詳しく説明書きされてても
いまいち イメージが湧かない。 そんなこんなの やりとりを一部始終 公開しますw

エネ:『 写真とかは あるとどんな感じなのか 
                 わかりやすくて良いんじゃないですか? 』

オーナー:『 そ、そうですね。 あればいいんですけど・・・』
 
エネ:『 デジカメとかで撮れば 編集もできて 良いんじゃないですか?』

オーナー:『 ですが、デジカメとか 持ってないんですよ。
                        普通のカメラでも いいですかね?』

エネ:『 そーなんですか。 でも デジカメだと 撮ったら 
                     すぐに 確認もできて とっても便利ですよ。』


オーナー:『 そーなんですか。』

エネ:『 PCに取り込んで 編集かければ このケーキのコメントなんかも
                  すべて文字入力だってできるので いいですよ。』


オーナー:『 ぁーPCも 持ってないんですよ (゚ー゚;Aアセ 』

エネ:『 そーなんですか・・・』

微妙な空気の流れが発生してしまった・・・

エネ:『 あの、 もし良かったら 僕がデジカメで撮ってあげましょうか?
             PCも 持ってるし編集もできますよ。 ぁ、もちろんタダでw 』


オーナー:『 えええぇっ! いいんですか? 是非 お願いしますっ!』

うわっ! 食いつき良すぎw って 正直 その時 思ってしまったwww

エネ:『ぁーでもね、今は結構 忙しいから
                時期的に もぅ少し後になりますけど 11月かな。』
 

オーナー:『 それでも いいです! 是非 お願いします!』

うわぁ~ すっげ、低姿勢なのねぇ。 こゆ人 案外好きなのよ。
何かやってあげたい って感じになっちゃうのよねw

と、言うわけで 100円カレーの店(ホントは 本来の正式な店名がありますw) の
メニュー表を 製作する約束をしてしまった エネ。

具体的な 日時は決めてないのですが おそらく11月の中旬あたりで 撮影とかやりますw
[PR]
by ene-do | 2005-11-01 03:11 | エネの美食倶楽部(仮題)
昨日報告した 100円カレーの実態調査やってきましたw
d0017300_1362279.jpg
←コレが その お店です。
左下の 手書きの看板に注目w

しっかりと 『 100円カレー 』と 書いてありますね。

せっかくなので じっくりと 
看板を 見てみましょうか・・・



















d0017300_1385795.jpg
いつでも らしいですww

ショウウインドウを見てみると
紅茶セットが お得とか 
手作りケーキがどうのとか
いろいろ書いてあります。
どうやら 喫茶店なのだろうか?

 


そうなると 昨日予想していた レトルトカレーの販売が100円 ってのでは無いな。
それにしても 100円のカレーが存在するのだろうか・・・
半田屋という名の チェーン店でなら196円のカレー(コレも微妙な値段だなw)
というのを食べたことはあるが・・・ カレーで100円というのは 破格の値段だ。

店内を覗くと どうやら店員のような男性が1人だけ・・・ 暇そうにしている。
じつに 入りづらい感じだ (゚ー゚;Aアセアセ
しかし 昨日100円カレーの実態を確認すると誓ったので 
躊躇する気持ちを 押し殺して 入り口のドアを開けた。
男性店員:『 いらっしゃいませ 』 うはw 不慣れな接客っぽい感じ まるだしな挨拶がw
オープンカフェのような テーブルとイスが 3組並べてある。
こう言ってはなんだが、 実に安っぽいw  各テーブルの上には 手書きのメニューが2枚。

そのメニューから カレーセットを注文してみたw 
その内容とは カレーと好きな飲み物 それと クッキーかアイスクリームがついてくるそうだ
そして その値段は 400円。 安っ!
いいのか この値段で・・・って感じで ちょっと不安になりながらも
逆に その店員さんと 1:1になってる状況が チャンスだと判断し
いろいろと 聞き出してみることにw

エネ:『あの~ カレーが100円って 安すぎじゃないですか?』

店員さん:『そ、そうですね』 (゚ー゚;Aアセアセ  

エネ:(うゎ、何で申し訳なさそうなんだw)

店員さん:『ぁ、でも カレー単品だけの注文だと 200円なんですよぉ~』

エネ:(はぁ? いきなり値段が 倍なのかよ) と、ココロの中でツッコミまくりw

エネ:『セットメニューだと 100円なんですねぇw 正直それでも安いと思いますけどw』

店員さん:『やっぱり そうですかねぇ~』

エネ:(そうですかねぇ って・・・)

店員さん:『実はですね、 このカレー材料費は100円なんですよw』

エネ:『(」゚ロ゚)」えええっ!マジですか?利益無いじゃないですか。 むしろやらないほうが』

店員さん:『まぁ 他のメニューで 利益が取れれば いいと思いましてね』

エネ:『ちょwww 他のメニューって 手作りケーキとか全部100円じゃないですか
                  一番高い 紅茶だって それでも300円ってなってるし・・・』

店員さん:『そうですねぇw まぁ趣味でやってるとこもあるので。   
                    正直 苦しいですけどね。 お客さん少ないしね』

エネ:(おぃ、 言ってることと 値段とのギャップが激しいのですけどwww)

そんな話しの やりとりをしているういちに お目当てのカレーができた模様
さて、そのカレーを ココで公開するとしますw





















d0017300_2313820.jpg
うわっ! 普通にカレーじゃん
って感じなんですけどww
このアイスティーは いろいろある
紅茶メニューの中から 
選択したもので
10種類ほどありましたw

気になる カレーの味ですが、 
まずくない。 
いゃ、むしろ おいしいw

CoCo壱番のカレーと比較しても こちらのカレーのほうが おいしいかもって感じ。
当然 人の好みってものが あるでしょうけどねw

調理工程とか 何気に眺めて見てたのですが レトルトとかではなく
ちゃんと タッパーに入れて保存してあるカレーを 温め直していたようです。
挽肉とか入ってて おいしかったですw

結局 ↑の写真には写ってませんけど クッキーもアイスも両方出してくれましたw
ホントは どちらかなんでしょうけどw
手作りケーキも 試食として 無料で味見させてくれるとのこと。
正直 この時代 こんな奇妙な店 存在自体おかしいと思った 一日でした。

みなさんは このカレーセット 400円なら食べてみたいですか? 味は保障しますよww
[PR]
by ene-do | 2005-10-28 02:49 | エネの美食倶楽部(仮題)
今回 おそらくカテゴリは エネの美食倶楽部(仮題)で 良いとは思うのだが・・・
と、言うのは いったい何の店なのか不明なのである。
じゃぁ 飲食店なのか わからないのなら カテを エネの美食倶楽部(仮題)にするのは
おかしいんじゃねーの? って思うのが普通だよね。
ところがだ! お店の正式名称など まったくわからない(気にしていない)にも かかわらず、
ちゃんと 飲食店の気配がするのだよ (何?

話しが少し変わるけども みなさんは 100円お好み焼き なんてのを知ってるでしょ。
そう。 お好み焼きが 少し小さめなんだけども 100円で売ってるヤツだねw
以前 メイプルの中で 友チャで質問してみて 日本全国だいたい どこにでもあるそうだ。
まぁ 豚玉とか イカ玉とかで販売されてるのが その大半みたいなのだけども、
デラックス(笑)とかいって豚イカ玉+さらにエビ みたいなのも200円だが売ってたりする。

おっと、話しを元に戻しましょうw
そんな 100円お好み焼きの説明をふまえて 今回の話しを聞いてほしいのだ。
今回の その名前すらわかっていない お店、なぜ気になってるかと言うと
その お店の店頭の歩道に 手書きで書かれた看板で こう書いてあるのだ・・・


















          100円カレー


※人通りも多いし 車も半端でなく横行してるので とりあえず画像は撮ってないw

マジなのか?と 疑いたくなるではないかw
カレーは100円なのか? レトルトカレーが100円で売ってるだけとか
もしくは ルーのみ とか いろんな妄想が頭でグルグルしてしまう。
今 決心した。 オイラは いったいそれが何なのか 確かめてくるよw
一応 デジカメで その看板を撮影して 尚且つ その正体を ここで紹介する。
期待されよ。 早ければ明日にでも アップする。 ヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノ ウキャキャキャ
[PR]
by ene-do | 2005-10-27 00:22 | エネの美食倶楽部(仮題)
さてさて 実に久々に更新となった ” ER ”ですが 
コメントを見る限り 一番人気なのは不本意ながら ”エネの美食倶楽部(仮題)”のようですww
てか、管理人の きまぐれさ加減が激しい為 いろんなカテが未更新のままですが
そんなこと 一切気にせず でゎ行ってみましょうか 闇鍋シリーズ完結編ですw

あんまんに引き続いて インスタントラーメンの麺(味噌ラーメン用)などの
主催者側の 予想を遥かに凌ぐ 何とも独創的な具材をチョイスしてくる悪友達・・・
実にワイルドだw 
つぶしが利くと思い選択した 味噌ベースのダシ汁・・・ 予想どおり正解だったと思ったw
著しく殺傷能力を秘めるハズの匂いは味噌がすべて 匂いを上塗りし かき消してくれていた
俺は 刺激を求めてる訳では無いのに 既に感覚がマヒしてる・・・
その時 隊員である(!?)1人が悲鳴をあげた!  
S:『うぁぁあ!』 何ごとだ?
S:『これ メッチャ 辛いってー!!』  
ようやくお出ましかw  ザクの3倍の能力を誇る 赤い彗星が (ガンダムネタで スマンw
つまり この手の企画には付き物となっている ”鷹のツメ”だな うんw
あろうことか 鍋底をすくった Sが地雷を踏んだ訳だww
戦場では 一時の油断が命を落としかねない ルールに則り 皆から完食を迫られるS
自害しろってことだなww 半泣き状態でいるSに対し 皆が飲み込めと強要する
もぅ Sは助からないな 諦めようw
のちの報告で そのシャア専用を投入したのは あのG であることが判明ww 恐るべしG!

それにしても お前等 自殺志願者か? いったい何持って来てるんだ?  
次々と ロシアンルーレットの如く おたまを使って鍋から具材を引き上げる
白菜など 安全牌を引き当て嬉しそうに食べてる奴
良心的にも豚肉などを入れてくれた やさしい奴がいることも判明
お、自分で投入した 鱈の切り身だ と思っていると実は鮭の切り身という罠w
また 違う麺が入ってるよ と思うと うどんだったり・・・
まだ あんまんが残ってるので 他の奴が 怖いもの見たさで食べ始めると 
ピザまんだったりと 何とも微妙な鍋だったりしてw 

あらかた 闇鍋を堪能した俺達に 1つ提案が出た(誰が言いだしたか 忘れたが)
『おじや』とか やるか? 
一同:『無理 無理 それは お前言ってることが おかしいって』  だよな。
まぁ 融通が利く味噌ベースのダシを このまま捨てるのはもったいないと、
卵を入れる事に 皆の意見が落ち着いた。
H:『何個 入れるの?』
エネ:『そりゃ 人数分だろ』
一同:『多くないか?』
エネ:『いいって いいって 入れちゃえ』 7つ投入だ。
今回のサブタイトルのある 連続投下とは コイツのことだw
グツグツと さらに煮える鍋・・・人気度が普段より異常に高いサンドウィッチw
ゲームや 雑談に気をとられ 鍋のことなど忘れてしまっていた・・・
気がついたのは 卵を投入してから かなりの時間が経過してからだった。
煮込みすぎて 絶対に味が濃くなってしまっている 味噌卵鍋・・・
だって メチャメチャ分量が減ってるもの。そんな鍋を・・・

エネ:『お! 卵入れた鍋 忘れとったわ』 (微妙に名古屋弁w
エネ:『誰か 食うか?』
M:『いらん』 G:『俺も』 H:『俺も』・・・・・・ l||li _| ̄|○ il||li 全員かよ
そー言う 俺も食べる気しないわけで・・・ ニワトリさん ごめんよぉ ・゚・(ノД`;)・゚・
そんなわけで 人生初の闇鍋大会は 幕を閉じた。

                       闇鍋奉行 完

 
[PR]
by ene-do | 2005-09-27 00:10 | エネの美食倶楽部(仮題)
最初に引き上げた具材が あんまん という とんでもない状況から 始まった闇鍋大会

おたまで すくった具材は残さず食べるルールなので仕方なく食べる・・・ 味噌とマッチしないw
餡子が どーとか言う前に まわりの皮が汁を吸って まず、重いw
そしてさらに  餡子と絶妙なハーモニーを 繰り広げる  体感したことのない味 

ありえない・・・ まだ1品目だぞ?  そう思っている矢先、
無数に点在する 巨大な白い物体のトラップにかかり、無残にも数名の戦士が悲鳴をあげるw
これは罰ゲームか?

これが最初で最後のジョーカーであってくれと願う オイラの気持ちが読者の方には わかるか?

しかし怖いもの見たさの性か、 次の具材を すくいにかかるオイラw  次は何がやってくる?

今度は おたまの軸に絡みつく何かを確認。 ・・・・何だ?










ラーメン!?しかも インスタント麺じゃねーかw まだ 硬いよ・・・ (ノД; )
あんまんよりは まともだと思うのは 既に感覚がマヒしてますか?

その⑤ ~連続投下!?~ に続く 
[PR]
by ene-do | 2005-09-04 04:11 | エネの美食倶楽部(仮題)
遂に闇鍋 決行の日が訪れた。
各自持ち寄った具材を隠しながら 次々と我が家に集結する。
どーせ あいつらの事だから まともなモノを持って来ないと予測して
せめて 俺だけはと思い 俺の具材は タラの切り身にした。
一応 何も食べれない事も想定して サンドウィッチやらは ある・・・ いわゆる保険だw

おふくろに協力してもらい具材を入れてもらう。そして味噌ダシの鍋が部屋にやってきた
いよいよ 消灯だ。 まだ 異臭は漂って来ない 味噌の香りだw

『バカだねぇ あんたら こんなの入れるのかぃ?』 ←おふくろが 囁く・・・
エ━━(´゚д゚`)(´゚д゚`)(´゚д゚`)(´゚д゚`)(´゚д゚`)(´゚д゚`)(´゚д゚`)━━!俺達7人絶叫w
てかさ、その中には必ず1名は確信犯がいるダロww 自分で持って来てるんだからな。

『こ~んなの入れて 大丈夫かねぇ』 ←追い討ちをかける おふくろ
( ゚Д゚) まだ他にも あるのか? 
闇鍋だから仕方ないのだが おまいら普通にウマイ鍋 食べたくないのかよ・・・ ・゚・(ノД`;)・゚・

頃合の時間が経過して 『そろそろ良いんじゃねーか?』コールが 会場で頻発しだした。

エネ:『まぁ待て、自分の持ってきた具材を良く考えろ。
              もぅ少し火が通らないとヤバクないか?』

Kジロー:『逆に俺のヤツは 既にヤバイと思うけど・・・』 (゚▽゚〃)マジか?
G:『俺は どーでもいい』 Σ(´ロ`ノ)ノ ぇぇ!!
M:『とりあえず 食べようぜ』 (ノД; ) ハィ・・・
収拾がつかない状況になってきたので さっそく食べることにした。 

暗闇の中 何故か 蓋が浮いている気がするのは 気のせいだと思いたいのだが・・・
眼が慣れてきたせいもあって 薄っすらと鍋の輪郭が浮かび上がる

何だ これは! 

白くてデカイ妙な物体が鍋の中を埋め尽くしているのは 気のせいだと思いたい
おたまで すくうのに手こずる大きさ&ダシを吸って妙に重い・・・
・゚・(ノД`;)・゚・ 俺 ジョーカーすくっちゃったの?
仕方なくルール(すくった具材は完食すること)に逆らうことなく 食すことにする・・・すると、




















あんまん!? 

次回 闇鍋奉行の巻 その④ ~また こんなの 出てきちゃったよ~に続く
[PR]
by ene-do | 2005-08-29 13:37 | エネの美食倶楽部(仮題)

フードバトン?

みぃっちゅサンから フードバトンなるものが 送りつけられていましたw
なので とりあえずやってみることにしますね。

【Q1】次のメニューにかける調味料(薬味は含みません)
・目玉焼き
無難に塩ですか。 もしくは醤油かな。 ウスターソースの時だってww
つまり そのときの気分次第ってことですか・・・ ぇ? 優柔不断ですか?

・納豆
基本的に ぬめり系の食材は苦手なのですよw 食べれないわけではないですが…
そこで 納豆が苦手な人に朗報(なの?)です。 栄養が豊富といわれている
畑の お肉(と、言われているw) を使った納豆を あまり抵抗なく食べる方法です。
板海苔を手巻き寿司風に クルっと巻いた海苔に包んで食べましょう。
あの ぬめり感を あまり感じずに食べれますよww
単独で食べるのなら 醤油を少量ですか。

・冷奴
刻みネギ、すりおろししょうが、おかか ですね。
最後に醤油を少量たらして完了です(何?
つまり 薬味を含めないので 醤油ってことですねw

・餃子
普通に 餃子のタレ と ラー油ですね。
醤油+ラー油+酢で 自分でブレンドして 食す お店もありますけどね
オイラは これですね。

・カレーライス
ぇ、何か かけるんですか?
んと、高校時代の友には ウスターソースとか マヨネーズかけるって人 いましたけどww
 マヨネーズは ありえないと正直思ったよ 

・ナポリタン
特に 何もかけませんが 調理段階で ふわふわ卵を・・・(謎w

・ピザ
何も かけませんよw それにしてもタバスコって何で 一緒についてくるの?

・生キャベツ
しいて 言うならば 塩ですね。本来なら 何も かけません。 

・トマト
断然 塩のみ! これだけは譲れませんねw

・サラダ
普通に マヨネーズですが… 面白いコメント希望しても無駄ですよww

・カキフライ
揚げたてって おいしいよねぇ~ ぇ、あぁ、かけるものだったよねw
えと、ウスターソースですよ。

・メンチカツ 
ウスターソースですねぇ。揚げたてなら 何もつけずだったりw

・コロッケ 
これも ウスターソースですねぇ。 

・天ぷら 
塩のみ とか言っちゃったりすれば ツウ(死語か?)だったりするかもw
でも オイラは 天つゆが いいかな。
ウスターソースかけて食べてる 会社の先輩を見てて 気分悪くなりましたww

・とんかつ
味噌 味噌だってばよ。
味噌カツとか 絶対うまいからw

・ご飯(おかずのない時)
昆布の佃煮とか大好きですよ ゴマ昆布とかね


【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせ
玉子ご飯に 醤油でなく ポン酢(少量ね)
さわやか玉子ご飯 という名前です(嘘


【Q3】それが一般的だとは知っているが、苦手な組み合わせ
しゃぶしゃぶ に ポン酢でしょうか。
オイラは 胡麻ダレ派なのでw


【Q4】バトンをまわしたい3名
まぁ、かぶってしまうとは 思うけど・・・
Kタロー   
ドーリス
流者        と、かなりキュピーとかに貢献してる方々を含めて回しときますw
 
[PR]
by ene-do | 2005-08-21 21:06 | エネの美食倶楽部(仮題)
てなわけで 集まった人数が 同じクラスからオイラ含めて4名
サッカー部の仲間から 2名、 他のクラスから 1名と 総勢7名の闇鍋大会が開かれることに・・・

まず、ルールを決めようと プチ会議が 我がクラスで授業そっちのけで開かれましたw
まず、ベースとなるダシですが ごまかしが利きそうなのでという理由で味噌ベースとなりました
次に各自 持参する具についてですが、靴下だの 消しゴムだの 
到底食べれる物ではない物ばかりが 挙げられてる様子・・・
そこで、
エネ:『 お前ら 食べれるものにしとけよ 』と 一喝w
一同:『 そーだなw 』    Orz 何しにウチに来るんだよ・・・・
そんなこんなで 決まったルールが 下記のようになりました。

【 闇鍋ルール 】
・7名でやるので 具が多くなってしまうと 蓋が閉まらないので 
                各自1品の食べられる具材を持って来る事

・具材の投入は 部屋の電気を消して順次投入すること

・箸をつけた 具材は責任を持って食べる事

と、意外にも少ないルールで 始めることになりましたw
不安なのは みんなが持ってきた具材がかぶってしまうこと。
みんなが みんな白菜を持ってきてしまった場合、 白菜鍋になってしまうww

まぁ あのGが いるので そんな事はないだろうがw

こうして よくマンガとかでは見かける光景の闇鍋大会が 開かれることになりましたw
実際に やってみたかったというのも あるんだけど、
果たして どんな結末になるのか・・・

次回 その③ ~誰だよ こんなの入れたのは~ に続く

 
 
[PR]
by ene-do | 2005-08-05 02:02 | エネの美食倶楽部(仮題)
久々に更新です

これから始まる 話しは高校生当時を振り返ったモノですw

それは 部活も引退し 進路も決定した ある冬の日でした・・・・
まぁ 高校3年間を捧げた サッカー三昧の日々も終わり、
当時はウェイターのバイトに明け暮れる毎日で  学校は勉強しに行くのではなく
友達の顔を見に行くだけのような感じで 日常に変化無く まったり過ごしていました。

そんな平凡な日常を打破するべく 仲の良い仲間うちで考案されたイベント企画が
我が家で開催されることになりました。
※当時 我が家はオイラの連れが集まる 遊び場と化していましたww

それは オイラが喋った たった一言から 始まったのです

『 鍋ってさ、どんなのが好き? つまり鍋と言ったら 何? 』

予想していたのは カニ鍋や チゲ鍋、かき鍋とか 水炊きだったのですが
聞いたオイラが バカだったよ と、思わせる回答が・・・

G:『 闇鍋! 』 Σ(´ロ`ノ)ノ ぇぇ!! いきなりソレなの?
注) この発言者のGは 例のGと同一人物ですw

周り一同:『 闇鍋やってみたいよね 』  l||li _| ̄|○ il||li

きっかけとは どんなとこからやってくるのか わからないものですね・・・
いきなりそんな方向に話題の進路が変わり 尚且つ開催してしまおうという
馬鹿げた企画が勃発したわけですよw  しかも会場は 我が家・・・Orz

次回 その② ~食べれるものにしとけよ~ に続く


   
[PR]
by ene-do | 2005-08-04 00:21 | エネの美食倶楽部(仮題)