気まぐれ不定期日記やら なんやら


by ene-do
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:エネの美食倶楽部(仮題)( 14 )

前回の続きから・・・
そばという 魔物が関与するだけで これほど手痛いダメージを喰らうとは 思いもしなかった
ふたりである。 この緊急事態に対して オイラ達がとった行動とは?

『ほらね、だから言ったのに。』と、注文を取った店員さんに思われるのが しゃくにさわるので
何か対応策を検討するアホ2名が そこには居た。

とりあえず 現場検証(笑)を再度行うことにした。
そっとブツを持ち上げ 再びのぞき込む・・・ 末期患者だorz
彼(お好み焼き)を救うべく 緊急オペを行うことにした。 執刀医はオイラだw
つまり こうだ。 現状のモダン焼きより そばを摘出し 以前の素晴らしいお好みに戻すのだw

額に汗をにじませ 慎重かつ迅速にオペをこなしていく・・・
摘出した残骸は Gの手によってブラックホール(以下BH)へと吸い込まれていくw
※ 一般的な鉄板焼き屋さんの鉄板には 端に穴が開いている
平然を装い BHにねじ込むG。 
本来なら焼いた時に出たカスを入れる穴なのだが、既に許容量はイパーイだ orz

エネ:『た、隊長 既に 満タンでヤバイです!』
G:『いける。 まだ入る』  ムリヾ(゜д゜〃) ダカラ ヤバインダッテ・・・
ぶち込むG。 神だw
今回のサブタイトルどおり証拠隠滅する為 さらに追い討ち攻撃を与え続けるG。
箸でグイグイとBHから顔を出すブツに対して 波状攻撃だ。

神降臨によって難を逃れた。 そぅ 摘出オペは無事成功したのだ。
3次形態のモダン焼きから 2次形態のミックスお好み焼きにレベルダウンした今回のメインディッシュ。
(参考資料 1次形態 豚玉もしくはイカ玉 2次 複数具材のミックスお好み
                              3次 そば擁する未知のモダン焼きetc.)
大変おいしゅう ございましたw 
具材こそ豪華だったが 結局いつものミックスとあんまし変わらないでした orz


                     お好み焼き3級  完     

 
[PR]
by ene-do | 2005-07-02 04:23 | エネの美食倶楽部(仮題)
あらゆる具材を注文し メニューに載っていない そば までも注文したオイラ達。
とりあえず 具材の火のとおり加減が良くなるように 個別に具材を鉄板に ひろげ始めた。
全部いっぺんに混ぜて焼いてしまうと 具材の厚みとかの兼ね合いで 
半生なモノが出てきてしまうから という処置だと思ってくれいw

今まで何度となく お好み焼きを焼いてきたオイラ達。 未知なる世界へ飛び込もうと
そばを注文したわけだが、(大袈裟だとかツッコミ入れないw)
その そばを扱うタイミングがわからない。 いったいいつ お好みとドッキングするのだ?(ロボかよ

手を止めて 手順を考察してみた。
①具材に火をとおす→ ②ベースの生地と混ぜ、鉄板で焼く→③できあがり ヽ(´~`; ォィォィ
ダメじゃん そばが入ってないし。

①具材に火をとおす→ ②ベースの生地と混ぜ、鉄板で焼く→
③そばを単体で 焼きそば風に まず焼く→④お好みとドッキング→
⑤(*'∇')/゚・:*【できあがり】*:・゚\('∇'*)  (細部は はしょってますw)

↑これなら 問題なかろうと Gと話ししながら手順どおり ススメルことに・・・

慣れた手つきで ②までは難なく完了。 ③も単に焼きそばを焼くだけなので 簡単に完了。
続いて④の手順に入ることに。 現状で お好みと そばが別々になってる状況を
合体することに。 お好みをひっくり返す時に 下にそばを入れるだけなんだがw

いつもなら まだ少々やわらかい と判断をくだす状況の お好みを
今なら そばと馴染んで同化してくれるだろうと 勝手な判断で 乗せ乗せw

エネ:『 隊長!ドッキング完了です 』 (ガキだなw
G:『 うむ ごくろう 』 (コイツもだw

後は 待つだけ。 オイラ達の そばを入れた お好みは ふっくらと そして香ばしく・・・


Σ(゚д゚;) ヌォ! 香ばしく?

あわてて オイラ達のモダン焼きを 少し浮かせて下部をのぞいてみる・・・
エネ:『 た、隊長~っ 大変デス! 』
G:『 やっちゃった? 』
エネ:『 はぃですぅ 』
G:『 状況は? 』
エネ:『 カリカリで なおかつ 真っ黒くろすけです 』
G:『 マジっすか? 』

普段から 慣れた手つきで 難なく焼いていた お好み焼きに対して
そばという 魔物が関与するだけで これほど手痛いダメージを喰らうとは 思いもしなかった
ふたりである。 この緊急事態に対して オイラ達がとった行動とは?

次回 お好み焼き3級 その③ ~証拠隠滅~
 
[PR]
by ene-do | 2005-06-30 01:06 | エネの美食倶楽部(仮題)
突然ではあるけど 今日は お好み焼きにまつわるエピソードを 話そう。

それはエネ旅行記風味でも登場する Gと一緒に馴染みの鉄板焼き屋に行った時の話しだ。
馴染みと言うからには 度々利用させてもらっている店なのだが、その日は朝から2人とも
何も食べていなかった という状況から始まったのだw

入店した時刻はPm22:00を過ぎていた・・・(既におかしいw 朝から何も食べてないのに?
この店は お好み焼きなど店員さんで焼いてもくれるが自分達で焼くことも可能な 店である
メニューには ミックスお好みや ネギ焼き オムそば 焼きそばなど 至ってシンプルなの。
ただ、お好み焼きベースにトッピングして 好きなようにお好み焼きを作ることもできるという
おそらく一般的な 鉄板焼き屋さんである。

何を注文するかなのだが いつものように まずネギマ串とウーロン茶を注文したんだ。
(車で来店したのでお酒は飲めないのだ。)で、メインとして何を注文するのか悩んでいたのさ。 
そぅ、頻繁に利用する為にマンネリ化していたからw

たらふく食べたいと言う意見が一致した為に あらゆるトッピング具材をトッピングしまくった。
最後のトッピング具材として注文しようとしたのが 『 そば 』 である。
元々トッピング具材に そば は記載されていなかった。

Gとオイラが 店員さんに そばのトッピングは無いのか?と尋ねると、
店員:『ウチのそばは 特注で少々太めに作ってあるので 焼き加減が難しいので・・・・』
などと ゴニョゴニョとやかましいので 『 いいから 持ってこい! 大丈夫だ』と
困った客1号&2号に変身である。

しばらくして 注文した品が届いた。 具材を述べると 車えび、豚肉、ポテト、餅、チーズ、いか
玉子、ツナ、ベーコン、ホタテの貝柱など イパーイだw
さらに そば が届いた。
こちら名古屋の方では そばが入ったお好み焼きを モダン焼きと呼んだりする。
つまり 今回はそれを作ろうというのだ。

今回はここまで 次回 『 お好み焼き3級 その② ~そばの行方~ 』 
[PR]
by ene-do | 2005-06-29 02:01 | エネの美食倶楽部(仮題)

噂の焼きラーメン

イスメイルさんのblogにて 話題沸騰(?)の 焼きラーメンについての詳細を・・・
ismail's diary ←そのイスメイルさんのblog

状況を詳しく書きますね。
それは エネが高校生当時まで遡ります。 元々自炊とか それなりにできるのですが、
その日はメンドかったので インスタントでいいや的なことが発端だったのです・・・

キッチンに行き o(・_・= ・_・)oキョロキョロ  インスタント物を探すと、 
d0017300_9323062.jpg
←このようなインスタントラーメンが ありました。
  いわゆる 袋メンと呼ばれるタイプですね
  あえて、商品名を ふせてみる。
『 父ちゃん ひどいじょ 』の セリフの彼がいるのでバレバレですがww

ですが、何故か その日の気分は 焼きそばだったのです。
どーしても 焼きそばじゃなきゃ (>_< )イヤッ って事に自分の中でなりまして 考えました。

袋メンタイプのインスタント焼きそばだって存在するわけだし、同じ乾麺タイプなので 
麺を茹でた後に ソースをかけて調理すれば同じコトなのでは?
 (*'へ'*) ンー

↑この発想が いけなかった・・・ ┌┤´д`├┘(注 サボテンダーではない

一応 見た目は焼きそばになって完成した。 問題は味である。
本来の袋メン タイプの焼きそばには 特製粉末ソースなるものが入っているのだが、
今回は それが無かった。 一抹の不安がよぎる・・・
でも、生麺タイプのスーパーで買ってくる麺には 当たり前のようにウスターソースで味付けするので
これを考えると問題ないだろう。 考えていても仕方ない さぁ食べてみよう!

 ∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!

(+д+)ゲキマズー それはアリエナイ まずさだ。 料理には自信があるオイラだったが、
これほどのモノを作ったことが無いくらい マズイのだ。

理論はマチガッテ無い。 でも、現実に ゲロマズ・・・・なので こう判断した。


きっと、同じ乾麺タイプでも 焼きそば麺と ラーメンの麺は違うものなのだと。

ぇ?その焼きそばは どーしたのかって? 一口食べて捨てましたよw 
[PR]
by ene-do | 2005-05-02 09:37 | エネの美食倶楽部(仮題)